ハッピーメール 年齢確認

ハッピーメールで年齢確認の必要はどこにあるのか?

ネットで年齢確認なんて言うと
「うわ、なんか怪しいな。もしかして悪徳業者かな?」
「個人情報の取り扱いとか大丈夫かな?」
といったことを心配される方が多いのではないかと思います。

実際のところ年齢確認を求める出会い系のサイト=健全なサイトということになります。

なぜ健全と言えるのかというと、ハッピーメールに限らず出会い系で年齢確認は法律で義務化されているからです。
基本的には出会い系は年齢18歳未満の方は利用禁止となっています。

そのため、18歳以上であるかどうかを確かめるために年齢確認を行うことが義務化されています。

年齢確認を終えないとハッピーメール内では定型文の文章しか送れない、特定の情報を閲覧できない等、ハッピーメール内で制限がかかることになります。

普通、年齢確認は多くの方が敬遠したがるでしょう。
もしかしたらそれが原因でハッピーメールへの会員登録を止めてしまう方もいるかもしれません。

しかし、それでもあえて年齢確認をするわけですし、年齢確認をしないと制限がかかることからハッピーメールが法律を守る姿勢を見せている健全なサイトであることがお分かりになると思います。

逆に何のチェックもなしに登録できるサイトの方がはるかに怪しいわけです。

 

 

ハッピーメール 年齢確認 方法

ハッピーメールの年齢確認の方法は次のいずれかによります。
利用者の方でどちらかお好きな方法を選択してもらうことになります。

 

1、書面による場合

ハッピーメールで指定している身分証明書等の必要事項を写メで撮影してメールで送る方法です。

ちなみにハッピーメールで指定している身分証明書等とは次のものです。

・運転免許証
・健康保険被保険者証
・国民健康被保険者証
・年金手帳
・パスポート
・外国人登録証明書
・住民基本台帳カード
・共済組合員証
・社員証
・学生証
・診察券
・区民証
・身体障害者手帳
・保険証券(証書)
・健康診断証明書
・在学証明書
・卒業証書
・マイナンバーカード

これらが該当します。
生年月日の書いてあるもので、写真の有無は問わない、と言った感じで理解してもらえればいいのでは?と思います。

これらの書類で以下の部分を見えるようにして写メで撮ります。

①生年月日又は年齢

②書面の名称

③書面の発行者名

運転免許証で例えるとこのような感じになります。

①生年月日、②書面の名称、③身分証明書の発行者を残して後は全てを伏せています。

顔写真、お名前や住所などは伏せた状態で本人確認をすることも出来ますし、年齢確認が終了した後はハッピーメールの方で破棄しているそうです。

 

2、クレジットカードによる場合


もう一つはクレジットカードによる方法です。

ハッピーメールでは、男性は基本的にポイントを購入して、そのポイントを利用しながら女性とメッセージのやり取りをしていくことになるのですが、そのポイントを購入する際にクレジットカード情報を入力し、クレジットカードでの決済が完了すれば本人確認が完了します。

最初はポイントが無料でプレゼントされるので直ぐにポイントを購入する必要はないのですが、本人確認のためにポイントをクレジットカードで購入するというのも一つの方法になります。
なおハッピーメールではポイントは100円から購入することが出来ます。

なので、登録が完了したらまずクレジットカードでポイントを購入するという方もいるでしょう。

 

ハッピーメール 年齢確認 時間

ハッピーメールの年齢確認の時間はどのくらいか?

クレジットカードだと決済完了を持って年齢確認完了になりますので、決済ボタンを押すと一瞬で完了します。
書面の提出よりも早く終わるので手っ取り早く本人確認を終わらせたい方はこちらがおすすめです。

書面だとは大体5分前後で完了するそうです。
ただ、運営側がきっちり目視してからですので休日などの会員が多くなることが予想される日になると長引く可能性があります。

そういう意味でも年齢確認のおすすめ方法はクレジットカードになるのでは?と思います。

© 2017 ハッピーメール ログイン rss